茅ヶ崎市で痛み・しびれでお悩みなら、女性のための鍼灸マッサージ院

茅ヶ崎市ファンクショナルマッサージ治療室ロゴ

電話番号:0467-85-5528ネット予約はこちら

茅ヶ崎市ファンクショナルマッサージ治療室のマップ
〒253-0045 神奈川県茅ケ崎市十間坂1-1-30 グランテリア湘南1F

父の日・母の日まであと少し! 癒しの時間をプレゼント🎁

2018年04月28日

父の日・母の日まであと少し!

癒しの時間をプレゼント!

 

 

こんにちは!

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院です。

 

 

今年も父の日・母の日が近づいてましたね。💐

 

贈り物の準備はもうできていますか??

 

父の日や母の日は

普段なかなか伝えることができない

感謝の気持ちを、

お父さんとお母さんに伝える素敵な日です。

 

そんな特別な日には

今年はいつもとひと味違う、

素敵な時間

贈ってみてはいかがでしょうか?

 

ファンクショナルマッサージ治療室

茅ヶ崎院では

お父さん、お母さんへ

癒しの時間を贈りたい!

と考えている皆様に

父の日、母の日ギフト券をご用意しました♪

写真は母の日ギフトです。

 

こちらのギフト券で、

🌹A.キレイを磨くコース🌹

○美顔鍼・フェイシャルマッサージ

 

☘B.疲れを癒すコース☘

○鍼・灸・マッサージコース

 

のどちらかお好きなコースをお選びいただけます♪🎁

 

🌹A.キレイを磨くコース🌹

美顔鍼・フェイシャルマッサージ

 

美顔鍼は怖いイメージがありますが、

実際はとても細く短い鍼を使用していて痛みはほとんど感じません✨

美顔鍼は顔がすっきりと引き上がるだけではなく、

血色よく顔色が明るくなる効果も期待できます♪

 

B.疲れを癒すコース

鍼・灸・マッサージ

 

鍼の刺激は筋肉の緊張を緩め、

血流を良くしてくれる効果があります。

 

慢性的な肩こりや頭痛

腰痛だけでなく

 

なかなか疲れが取れない。。

 

という方にも鍼やマッサージは効果的です!

 

ギフト券の有効期限は

母の日の贈り物は

5月〜6月末まで。

 

父の日の贈り物は

6月〜7月末までの期間限定ですが、

母の日や父の日の当日を過ぎてしまっても、

 

有効期限に余裕があるので

 

予約も取りやすくて安心✨

 

1枚4000円でご用意しております♪


通常、
美顔鍼は6480円。

鍼灸マッサージは5400円。

のコースの為、

ギフト券はとってもお得となっております♪

 

ギフト券のご用意は

茅ヶ崎院限定となっております。

詳しくはスタッフまでお気軽にお問い合わせください!

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院

〒253-0045

神奈川県茅ヶ崎市十間坂1-1-30

グランテリア湘南1階

 

甲状腺機能と不妊・流産の関係と鍼灸治療

2018年04月14日

妊娠・出産・不妊に関係の深い、

甲状腺ホルモンについてご存知でしょうか?

甲状腺は喉の部分にあり、甲状腺ホルモンを放出しています。

甲状腺ホルモンの分泌が正常でないと、

月経不順が起こったり

妊娠しても流産してしまう可能性があります。

着床不全、繰り返す流産、不育症、

2人目不妊でお悩みの方も1度目を通していただき、

この記事が少しでも妊娠のきっかけになれば嬉しいです^^

*着床しやすい環境にするためには?

 

甲状腺ホルモンの検査は、ほとんどの不妊治療専門病院では検査します。

血液検査で「TSH」「T3」「T4」などの項目をご覧になったことがありませんか?

これらの数値は甲状腺刺激ホルモンによりホルモンが正常に分泌されているかを診ます。

妊活中では特に「TSH」に着目し

この数値が2.5μU/mL以下であることが正常値とされ

2.5μU/mL以上だと甲状腺ホルモンを分泌する機構が正常でないと判断され

病院での薬の処方が行われます。

*****************

月経不順が続いている場合は

毎月の排卵日が前後したり

高温期の維持(14日間)ができなかったり

基礎体温がガタガタになるなどの状態であることが考えられます。

 

この状態ではとても妊娠しやすい身体とは言えませんよね。

また妊娠したとしても、甲状腺に問題があれば流産する可能性があります。

では、妊娠しやすい身体にするためにはどうすれば良いでしょう?

まずはホルモンの作用を知りましょう!

 

甲状腺ホルモンとは?

間脳にある視床下部ホルモン産生細胞より

甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)が放出され

その後脳下垂体で甲状腺刺激ホルモン(TSH)が放出され

喉にある甲状腺で甲状腺ホルモン(T3、T4)が産生され

全身の組織・細胞へ回ります。

その後、ホルモンの分泌が過剰にならないように、

脳への負のフィードバック現象が起こり、ホルモン濃度を調整しています。

 

作用・役割

甲状腺ホルモンは身体の新陳代謝に関わり、熱を産生します。

また子供の頃からの成長や成熟に関わり、正常な発育に必須のホルモンです。

心臓の収縮にも関与し、

全身の組織や細胞に血液を送り込み酸素や栄養素を届けるための役割をしています。

なので、このホルモンが正常でないと

これらの機能が正常に行われなくなるので、様々な症状が起こります。

 

甲状腺ホルモンが少ない時

・寒がりになる

・便秘

・集中力が低下する

・むくむ

・髪の毛が抜けやすくなる

・皮膚が乾燥する

・脈がゆっくり

・汗をかきにくい

甲状腺ホルモンが多い時

・暑がり

・下痢しやすい

・汗をかきやすい

・動悸(心臓がドキドキする)

・体重減少

・手の震え

・息切れ

・疲労感がある

などの症状が起こります。

 

なぜ月経不順になるの?

甲状腺ホルモンの作用である

「組織の代謝」は全身の組織・細胞に作用し

細胞からエネルギーを取り出します。

子宮や卵巣も同じ細胞からなり、

卵胞が大きくなる際に細胞分裂が行われ、

細胞が増殖し大きくなっていきます。

このときに行われているのが細胞内で行われている「代謝」です。

この代謝は酸素と栄養素が必要なのですが、

甲状腺ホルモンも大きく関与しています。

甲状腺ホルモンが不足すると、代謝がスムーズに行われないことにより

卵胞が大きくなり排卵するまでに時間がかかると考えられます。

 

*生理周期が長い、体温がガタガタ・・・それってもしかして?

 

代謝が落ちて排卵までに時間がかっている状態では、

栄養や酸素や血液が卵巣に行き渡っていない状態であり、

卵細胞に十分な栄養やFSH(卵胞刺激ホルモン)が届いていないため

妊娠しづらい状態であると考えます。

*妊娠・着床には卵巣の近くにある子宮の血流が良い状態であることが必須です!

不妊や流産とどう関わるの?

受精卵(胚)が子宮内膜に着床しやすい環境にするためのシグナルを送り、

子宮内膜を修復する働きが起こり着床します。

甲状腺ホルモンは、着床期の胚と子宮内膜のクロストークをつかさどり、

着床および妊娠初期の発育に関与している可能性があると言われています。

つまり、甲状腺機能が正常でないと

着床しにくかったり流産しやすい状態になるということです。

妊娠してからの甲状腺ホルモンの役割は

①絨毛細胞の増殖

②胎児の神経発達

③初期絨毛および胎盤におけるステロイド合成の調整

と、胎盤をつくる妊娠初期の段階で重要な役割をしています。

 

甲状腺機能と鍼灸治療

甲状腺機能低下症や甲状腺機能亢進症など診断をされた方は、

病院で薬を処方され、甲状腺ホルモンをコントロールする治療を行っていきます。

すると今まで悩んできた症状が改善され、

体調がみるみる良くなります。

しかし、今まで甲状腺機能が低下している方の場合

心臓や脳や肝臓、神経細胞などの

生命維持に欠かせない組織や臓器にエネルギーが注がれている状態です。

特に子宮や卵巣は後回しの状態で、

機能が落ちてしまっている可能性があります。

(生殖器はなくても生きていける・・!)

 

内臓は神経によって支配され、

神経の活動が衰えると内臓の機能が下がります。

例えば、普段使っている筋肉も神経で支配されています。

運動をしなくなると、筋力が衰えますよね。

それと同様で目に見えていない内臓も

機能が落ちてしまっている可能性があるのです。

 

 

薬によって症状は改善されても、

生殖器である子宮や卵巣の機能を取り戻すためには、

血流を良くしたり神経の伝達を良くすることが必要です。

 

血液には酸素や多くの栄養素が含まれています。

この血液を卵巣や子宮にめぐらせてあげることで、

より妊娠しやすい状態にします!

 

そもそも、子宮内膜が着床できる準備ができていないと妊娠はしません。

着床しやすい子宮環境にしてあげるには血液循環が良いことが必須です!

 

*体外受精・移植前・着床前のアプローチ法

 

 

栄養療法による体質改善

甲状腺機能低下症の方は胃腸が弱く、

栄養を吸収するための代謝がうまくいっていないことから、

栄養素を吸収したり、吸収した栄養素を

エネルギーに変換することが難しかったりします。

すると代謝は落ち、やる気が起こらなかったり

だるかったり、むくんだり、生理不順になったり・・・など、

身体に元気がなくなってきます。

そこで、まず代謝を高めることを考えます。

代謝をアップさせるために、

タンパク質脂肪酸からエネルギーを取り出し、熱産生を促します。

そこで必要になってくるのがビタミンB群です。

しかし、甲状腺機能に問題を抱えている方は腸内環境が悪く

便秘や下痢などの症状を抱えている方がほとんどです。

すると腸でビタミン群を合成する力も弱く

思っている以上に栄養が不足している状況だと考えられます。

そのため、ビタミン群はサプリメント等で

積極的に摂取することをお勧めします。

タンパク質や脂肪酸に関しては

良質なものを積極的に摂ることが大切です。

特に脂肪酸はオメガ3脂肪酸である

魚油、DHA、EPA、亜麻仁油、えごま油などの

良質な脂肪酸を摂ることで身体の代謝が効率良くアップします。

また、不妊治療でホルモン剤を使用している方は

薬で肝臓がフル活動しています。

すると糖代謝にエネルギーが回らず

体重が増えたりむくんだりします。

不妊治療をはじめて体重が増えた方は、

糖質制限や良質な脂肪酸を積極的に行うと改善されます。

栄養を摂取しても腸の状態が悪いと

吸収できずに排泄されてしまいます。

胃腸を強くするためには鍼灸治療が効果的です!

*卵子の老化を防ぐために今すぐできること

 

妊娠・出産したい!今の身体を見直すチャンス!

「症状が出ているけど病院に行かない」

そんな方も多くいらっしゃると思いますが、

仮に甲状腺機能に問題があったとすると

流産の危険があります。

流産するとまたすぐに妊娠しやすいと言われてますが、

繰り返す流産は母体に負担がかかるだけでなく、

精神的にかなり辛いです。

少しでも症状が気になる方は、

放って置かずに気軽に検査してみてはいかがでしょうか。

 

甲状腺機能に問題があるからといって

妊娠できないわけではありません!

甲状腺ホルモンのコントロールと

子宮や卵巣の機能を高めればゴールは目の前です!

まずはご自身の身体の状態を見直すきっかけとして、

気軽にご相談いただければと思います^^

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院

〒253-0045

神奈川県茅ヶ崎市十間坂1-1-30

グランテリア湘南1階

 

遺残卵胞が不妊の原因?卵巣機能を高める秘訣

2018年03月31日

こんにちは。

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院です。

 

妊活中、

遺残卵胞」、「残存卵胞」、「残卵

などという言葉を聞いたことがあると思います。

遺残卵胞があると卵巣を休ませるため、その間はお休み周期となってしまい、焦りや不安な気持ちになってしまいますね。
今回は、この「遺残卵胞」についてお話しさせて頂きます。

 

◆遺残卵胞って?

 

遺残卵胞とは、

生理になっても前の周期の卵胞

卵巣内に残ったままでいることです。
本来、排卵後の卵胞は黄体となり、

他の卵胞と共に体内に吸収されて消えてリセットされますが、

吸収されずに次の周期の生理時も残ったままになっている状態です。

 

◆排卵誘発剤が原因?

 

なぜそのような状態になってしまうのでしょうか。

遺残卵胞の原因として、

卵巣機能の低下やホルモンバランスの乱れが考えられます。 

30代後半からできやすくなるのも

ホルモンバランスとの関係があるからです。

 

また、排卵誘発剤を使用すると起こりやすいと言われていますが、

その理由としては、排卵誘発剤を使うと、

卵胞がいくつか大きく成長してきます。

 

そして成熟した卵胞を採卵しますが、

それ以外の卵胞は卵巣内に残されます。

残った卵胞のうち小さなものは吸収されていきますが、

中くらいの大きさの卵胞は、

体内に残留している薬の影響で吸収されなくなると考えられます。

 

 

生理が始まると新しい卵胞が成長し始めますが、

この時に遺残卵胞があると一緒に成長していきます。 

 

そして遺残卵胞から分泌されるE2(エストラジオール)により、

卵胞が十分に成熟したと判断し、

新しく育っていくはずの卵胞の成長を抑えてしまいます。

そしてこの卵胞が排卵されますが、

本来は消えるはずの卵胞からの卵子ですから、

受精能力が低いといわれています。

 

**受精能力が高い、質の良い卵を育てるには?

◆遺残卵胞はどうやって消す?

遺残卵胞があると、

本来育つはずの卵胞の成長を止めてしまう、

生理周期が短くなってしまう、

卵子が成長せず空胞になってしまうなどの影響がでますので、

遺残卵胞が消えるまで、卵巣を休ませてあげる必要があります。

 

**妊娠しやすい生理周期とは?

通常、遺残卵胞は次の生理までに消えてしまいますが、

何周期も残ってしまう場合もあり、

の場合は吸い出したり、ピルを使用して消すこともあります。

 

◆鍼灸で遺残卵胞を消す!

当院では、卵巣の機能を高める施術をしていきます。

鍼やお灸、ラジオ波などで骨盤内の循環を良くして

卵巣にしっかり血液を送り、

卵巣の代謝を高めることで、

残っている卵を消すことができます。

また、代謝を高めることは、卵の成長にも関わってきます。

卵が残ってしまう方も、

卵の成長がゆっくり

(排卵・採卵までに時間がかかる)な方も

卵巣の代謝を高める必要があります!

 

お悩みの方は無料体験でご相談ください!

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院

〒253-0045

神奈川県茅ヶ崎市十間坂1-1-30

グランテリア湘南1階

 

 

排卵出血と着床出血

2018年03月15日

こんにちは!

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院の森上です!

 

生理が終わったあと、まだ生理開始予定日ではないのに

突然出血が起きて、不思議に思った経験はありませんか?

実は女性には生理の時以外にも、出血が起こることがあります。

今回は生理ではない時に起こる排卵出血と着床出血についてお話していきます!

 

●排卵とは?

生理開始から卵巣のなかで育った卵胞の中で

もっとも成熟した卵胞から卵子が放出すること排卵といいます。

 

生理が始まってから卵巣のなかでは、

栄養やホルモンをもらって何個かの卵胞が大きくなります。

そして生理開始から14日あたりに

もっとも成熟した主席卵胞の中から卵子が飛び出して排卵が起こります。

 

排卵した卵子と精子が受精をして、

子宮内膜に着床することで妊娠が成立するので、

排卵日前後が妊娠しやすい時期と言われています。

 

排卵をすると基礎体温は低温から高温に上がっていくので、

妊娠を望む方はまず、

基礎体温などで自分の排卵日を予測することが大切です。

 

 

●排卵出血とは

女性のからだで月に一度起こる排卵は、

人によっても身体の状態によっても違いはありますが

大体が14日前後に起きるとされています。

 

この排卵の起こる時期にみられる出血を排卵出血といい、

生理と生理の間に見られるので中間出血とも言われています。

排卵出血の原因として、

排卵の際に卵子が卵巣を突き破ることや

エストロゲンの分泌量が急激に減少することで

出血が起こると考えられています。

 

●排卵出血の特徴

排卵出血は鮮血がでてくることが多くみられますが、

中にはおりものに血の混じったものや、

ピンク色っぽいおりものだったりと様々で個人差がみられます。

出血期間は大体2〜3日くらいで生理よりは少量程度です。

排卵出血は必ず起こるわけではなく、

毎月ではないけどたまに出血する人もいれば、

全く起きない人もいます。

 

毎月排卵出血が起こる場合や、

出血量が多い、

出血期間が一週間以上、

排卵痛が強すぎる

などであれば排卵出血ではなく

不正出血の可能性も考えられますので、

自己判断せず一度婦人科に相談してみましょう。

▶︎排卵コントロールについて

 

●着床出血とは

生理開始予定日よりも一週間〜数日前くらいの時期に

出血がみられることがあります。

この時期の出血で考えられるのは

妊娠初期症状のひとつ、着床出血かもしれません。

 

卵子が排卵したあと

精子と受精をして受精卵となると

細胞分裂を繰り返しながら子宮へ向かいます。

 

子宮内膜に受精卵が着床する際

受精卵の絨毛が子宮内膜を傷つけ稀に出血が見られることがあり、

この時一時的にみられる出血が着床出血といわれています。

 

 

 

●着床出血の特徴とは?

着床出血も排卵出血と同様に出血量や色、

出血期間はかなり個人差がみられます。

 

生理と似ていることもあれば、

おりものに血が混じっている程度だったり、

少量の出血だったりと一概にこれが着床出血と判断するには難しく

出血の時期も生理開始予定日の数日前あたりにみられる為、

人によっては生理が来たと勘違いする人もいます。

 

着床出血は着床時に必ずみられる現象ではなく

みられない人の方が多いようです。

 

▶︎妊活中の気になる症状・・・なんとかしたい!

 

●排卵出血

生理開始予定日の14日前あたり、

排卵時期にみられる出血。

基礎体温をつけていて体温が二層に別れている人の場合、

低温から高温に変化がみられます。

 

●着床出血

生理開始予定日から数日前あたりにみられる出血。

着床している場合は、基礎体温は高温を保ちます。

 

●不正出血

基本的には生理の出血や、

排卵出血、着床出血以外で出血がみられる場合は不正出血です。

 

 

不正出血の中でも、ホルモンの分泌異常で起こる出血や

黄体機能不全など子宮内膜を維持することができずに

みられる出血は機能性の不正出血。

 

子宮内膜症や子宮筋腫など、

子宮や卵巣、膣などに

なんらかの病気があることでみられる出血は器質性の不正出血といい、

本来みられない出血がおこることは、

なんらかの原因がある可能性が高いです。

 

排卵出血や着床出血も必ずみられる現象ではないので、

自己判断でそのままにせずに少しでも疑問に思ったら婦人科に受診しましょう。

 

 

女性の身体は体調の変化に影響されやすく

とても繊細にできています。

ストレスや冷えなどはホルモンバランスを乱してしまい

卵子の未成熟月経不順など、

妊活に影響を及ぼしてしまいます。

 

また、2人目不妊の方も育児ストレスにより

ホルモンバランスを崩しがちです。

 

妊娠を望んでいる方は自分の身体をよく知り、

妊娠できる身体作りをしていくことが大切です。

 

ファンクショナルマッサージ治療室では

一人一人身体の状態にあった施術で、

妊娠できる身体作りのサポートをさせていただきます!

 

ぜひ一度、ご相談ください!

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院

〒253-0045

神奈川県茅ヶ崎市十間坂1-1-30

グランテリア湘南1階

AGEs(終末糖化産物)が妊活の邪魔をする!

2018年02月28日

炎症が知らない間に起こっている?

AGEs(終末糖化産物)をご存知でしょうか。

これは不必要な糖が体内のタンパク質や脂肪と結びつき産生された異物です。

この異物(毒素)が血液中に入ることで全身へと巡り

様々な臓器に不調をもたらします。

体内の異物(毒素)は免疫細胞(白血球)が

働くことで排除されますが

その時に炎症反応が起こります。

 

この炎症が様々な臓器で起こることによって

便秘や下痢といった症状から

アレルギー性鼻炎や花粉症などの症状

糖尿病や動脈硬化症などの不調を招きます。

 

とくに日本人は胃腸が弱いとされている中

欧米化の食事や強い清潔志向が

より腸内環境を悪くしているのです。

 

 

炎症の起こりやすい食べ物の代表は身近に存在する◯◯!?

糖質のみならず、

小麦(グルテン)や牛乳(カゼイン)も

腸が炎症を起こす原因になります。

つまりパンや麺類、牛乳や乳製品などの摂取が

身体に余計な炎症反応を引き起こしています。

 

グルテンは腸壁を構成している

細胞と細胞の密着を弱め、腸に穴をあけてしまいます。

 

その穴からアレルゲンや大きい分子の

タンパク質、毒素、細菌などが

腸から血液中を流れ体内に侵入します。

するといたるところで炎症が起こり

様々な症状が起こります。

 

腸内に炎症が起こることで生じる症状

便秘下痢、胸やけ、嘔吐

吐き気、鼻づまり、疲労感

息切れ、原因不明の微熱

肌荒れ、抜け毛

イライラ、落ち込み、不安感

意欲低下、集中力低下

免疫力低下、風邪をひきやすい

など、特に病気ではないのに起こる

不定愁訴の症状が腸内環境の悪化で

引き起こされることが知られています。

 

子宮や卵巣の炎症も起こる?

 

腸壁から血液中に毒素が放たれると

全身の各臓器に流れ全身で

炎症反応が起こります。

 

子宮や卵巣も臓器です。

子宮内膜症や子宮内膜炎

卵巣炎、卵管炎などの病態では

とても妊娠しやす身体とは言えません。

 

 

 

腸内環境が悪く腸壁が荒れている状態では

これらの炎症が引き起こされる可能性があります。

また、腸内環境が悪ければ

身体に必要な栄養素を吸収することができません。

妊活に必要な鉄分、亜鉛、ビタミン群、オメガ3脂肪酸など

すべての栄養素は腸が吸収してくれます。

そして、妊娠中は血液を介して赤ちゃんに運ばれます。

その血液の中に毒素や細菌、アレルゲン物質が

ウヨウヨいると、とても怖いですよね。

 

腸内環境を整えるためには?

腸内環境は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」が

3:1:6の割合で腸内に存在し

このバランスが崩れることによって

便秘や下痢といった症状が出ます。

このバランスを乱さないようにするために、

食事や健康管理がとても大切です。

 

・外食続きの生活

・パンや麺類が大好物

・乳製品を毎日摂っている

・ストレスが多い

・不規則な生活リズム

・睡眠不足

・野菜やタンパク質が不足がち

・お酒やタバコがやめられない

・甘いものやお菓子がやめられない

などの生活が続いている方は腸内環境が乱れている可能性が大きいです。

そしてその積み重ねが

腸内環境を悪化させ炎症を招きます。

 

腸内環境を整えるために摂取するすべきもの

腸内環境を整えるためには

腸内細菌の善玉菌が活躍しやすい状況にしてあげることが大切です。

そのためには善玉菌のエサである

食物繊維の多い食事を心がけることが大切です。

そして善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)を

直接摂取することもオススメです。

 

今では市販やネット通販などでも

善玉菌の入った商品をよく見ますよね。

 

しかし乳製品由来の善玉菌の摂取は

カゼインが含まれているため

腸内を荒らす恐れがあり注意が必要です。

当院では米粉から作られるヨーグルトを

ご試食いただけるコースもご用意しています。

 

鍼灸治療で腸内環境を整える

鍼灸治療は、自律神経(交感神経と副交感神経)を調節することができます。

たとえば、便秘の場合は

腸のぜん動運動が鈍くなっている(交感神経の過緊張)

動きを促す副交感神経に対してアプローチをする

自律神経のバランスが整い、腸の動きが良くなり便が出る

腸の神経は腰椎といわれる部分と

首から出ているので

首や肩こり、腰痛があったり、

ずっと同じ姿勢でいたりすると

神経や腸内の血液循環が悪くなり

お通じが出にくくなります。

 

鍼灸やマッサージによってコリが解消されると

交感神経の緊張から解き放たれて

便の出やすい身体になります。

 

また、鍼灸が苦手な方でも施術を受けられるように

腹部のマッサージやラジオ波施術も行っています。

お悩みの方は一度ご相談ください!

 

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院

〒253-0045

神奈川県茅ヶ崎市十間坂1-1-30

グランテリア湘南1階

 

 

体外受精、移植前・着床前のアプローチ法!

2017年12月19日

体外受精、受精卵の移植の前にできること

ファンクショナルマッサージ治療室です!

 

当院に通われている患者さんは

自然に妊娠したい!という思いで

妊娠活動を頑張っている方もいれば

人工授精や体外受精に臨まれている方も

多くいらっしゃる治療院です。

 

妊娠着床するということは

目に見えないところで行われていますが

人は具体的なイメージをもつことで

そこに向かって頑張ろう!

という気持ちやエネルギーが湧いてくるものです。

 

そこで今回は妊娠活動を頑張られている皆さんに

イメージすることの大切さをお伝えしたく

卵が排卵してから着床するまでの流れ

図を用いてお話させていただきます。

 

そして、当院でできる着床前のアプローチ法

ご自宅でもできる努力について

知っていただければ幸いです!

 

 

 

着床しやすい子宮内膜とは?

 

子宮内膜がほどよく厚く、フカフカで柔らかく

まるで高級なベッドに寝ているような場所。

そして、温度も温かく心地良くて

栄養豊富な血液に満ち溢れていることが

着床するうえでの

必要最低条件だと考えています!

着床出血?生理ではない出血の正体…

 

子宮はなにからできている?

 

平滑筋という筋肉からできています。

子宮は常に収縮・弛緩を繰り返しており

収縮の仕方も生理周期の中でも

低温期、排卵期、高温期によって少し変わってきます。

 

生理の出血時(生理中)には

古い子宮内膜組織を外に出すようにギュッと収縮します。

 

排卵期は精子を吸い上げ、

受精の場である卵管に運び込むような収縮をします。

 

高温期は黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響を受けるため

ほとんど収縮はみられません。

 

子宮の収縮や弛緩の頻度は個人差があり

着床期に頻繁に収縮を繰り返しているほど

着床しづらいと考えられています。

 

収縮すると子宮の筋肉はギュッと硬くなり

子宮内膜の血流も悪くなります。

そのような子宮環境では

受精卵も内膜に潜り込むことができず

むしろ外に追い出されてしまうのです。

 

子宮を収縮させないためにできること

 

病院では収縮を抑える薬を処方されます。

(例:デュファストン、プロゲデポーなど)

しかし、薬や医療技術に頼りきってしまい

妊娠する土台となる自分の身体の状態を見落としていませんか?

 

遺残卵胞・・・採卵・移植ができない方へ

 

当院では

着床しやすい環境にするために

子宮の収縮を緩和することを目的とした

鍼灸・整体・栄養学でのアプローチを行っています。

 

また、施術の一環として

ラジオ波をによる施術も行います。

 

筋肉はあたためると柔らかくなり

冷えると硬くなります。

つまり冷えない身体にしていくことが

着床障害を乗り越える

重要なポイントだと考えています。

 

 

他の臓器で例をあげると

小腸も同じように筋肉が収縮することで

排泄物が移動し排便されます。

冷えると腸内環境が悪くなり、悪玉菌が繁殖、

悪いものを外に外にと排泄しやすくなるため

収縮が頻繁に行われて下痢になります。

 

 

着床するための3つのポイント

 
①副交感神経と交感神経のバランスを整える

リラックス神経と戦闘モードの神経。

この2つの自律神経のバランスが乱れると

子宮は収縮しやすくなります。

 

交感神経が高まっている方の特徴として

寝つきが悪い、眠りが浅い

イライラしやすい、肩こりや腰痛持ちなど

身体のどこかに不調を抱えている方にみられます。

 

このような状況では

自律神経が正常に働いてないといえます。

そして子宮や卵巣も自律神経の影響を受けるため

着床しやすい、妊娠しやすいカラダになるためには

交感神経と副交感神経のバランスを整えることが大切です!

そのバランスを正常に働かせてくれるのが

鍼灸治療呼吸法です。

 

②免疫機能を正常化させる

受精卵が着床しようとする時

母体は、旦那さんの遺伝子を含んだ受精卵を

「異物」と捉えます。

すると免疫機能が発動し

体内に侵入した異物に対して攻撃をします。

 

この攻撃(免疫反応)が強いと

受精卵が着床しなかったり

着床してもすぐに流れてしまうことがあります。

 

アレルギー反応が強い方(アトピー、鼻炎など)

風邪を引きやすい方

腸内環境が悪い方(便秘や下痢)は

受精卵を外に出す反応が高く

妊娠に至らない可能性が考えられます。

 

そこで血液循環を良くすること

腸内環境を改善すること

アレルギー反応や炎症が起こりづらい

身体にするための栄養素を補うことが

免疫機能も正常化しやすく

より妊娠しやすい身体に近づけます。

 

当院の施術は子宮や卵巣だけでなく

全身の血液循環を良くする施術も行うため

今お悩みの症状(肩こり、腰痛、冷え、便秘)

へのアプローチも行なっていきます。

 

③着床を手助けしてくれるビタミンD

ビタミンDは日光を浴びたときに

体内で合成される栄養素です。

近年、紫外線が強くなり

UVケアを念入りにされていたり

冬季の日照時間の減少などから

ビタミンDが体内で不足しやすい状況になります。

すると免疫反応が暴走し

着床障害につながることが分かっています。

また、原子卵胞の次に成長した

前胞状卵胞にビタミンDのレセプターが存在するため

AMHの数値にも深く関わってきます。

 

食事の見直しをした際に

青魚やきのこ類などを食べることが少ない方や

日照時間の短い冬の時期だけでも

サプリメントで効率よく摂取することをおすすめします。

それだけでなく

栄養素を吸収するための腸内環境の改善や

栄養素を運ぶ血液循環の改善、さらに

その他の内臓機能が正常に働いていることが大切です。

 

不妊治療の病院は移植の時に何をしてくれる?

 

体外受精での移植周期は

ホルモン補充療法で内膜を厚くし

移植後は着床の手助けをしてくれる

薬が処方されます。

(例、エストラーナテープ、デュファストンなど)

病院の方針によって自然に近い周期で

移植するところもあります。

 

体外受精を何度か行い、

移植をしてもなかなか結果に結びつかない方は

不育症の検査を行う病院もあります。

 

また、身体の内側を変えるために

漢方薬や栄養療法、

サプリメントを勧められることもあります。

 

ファンクショナルマッサージ治療室では移植の時に何をするの?

 

当院では、

体外受精の移植直前に

高周波温熱機器(ラジオ波)をかけます。

すると子宮内膜の毛細血管が開き

血流を維持し温かい環境で移植を迎えることができます。

 

移植が終わってからは子宮への血流を維持するための

鍼灸治療を行います。

移植して間も無く着床する胚盤胞移植では

当日から次の日にかけての

子宮内の環境はとても重要ですので

血流維持のために移植の後の施術もとても大切です。

また、体外受精に限らず

タイミング法やAIHでも

夫婦生活やAIHを行う前から

子宮の血液循環をよくするアプローチを

継続的に行うことで

子宮の内膜を温かい状態にするクセをつけます。

 

あたたかくなることで子宮は柔らかくなります。

常に子宮が柔らかい状態であること

着床するうえでとても大切です。

 

そして

骨盤内の血液循環をよくするということは、

子宮や卵巣だけでなく

骨盤内にある内臓の循環もよくなります。

 

便秘や下痢に悩んでいる方、

子宮内膜症や子宮筋腫がある方は

着床しやすい子宮環境にするための努力が必要です。

 

子宮だけでなく卵子の質も妊娠する上でとても重要。

酸化ストレスによる卵子の老化を防ぐ方法

正しい時期に排卵しているのかを

チェックすることも重要です。

 

分子栄養学(オーソモレキュラー)による

栄養療法では一人一人に合った

サプリメントのご提案や食事のアドバイスも

させていただいています。

中でもオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)

移植前には必ず補っておきたいものです。

 

これから移植に臨む方ももちろん

食生活の中で必須脂肪酸がとれていない方

アレルギー・アトピー体質の方など

多くの方に飲まれているサプリメントです。

詳しくは施術担当スタッフまでご質問ください!

 

一人でも多くの方が妊娠できるよう

最善をつくさせていただきます!

 

詳しくは無料体験にて♪

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院

〒253-0045

神奈川県茅ヶ崎市十間坂1-1-30

グランテリア湘南1階

 

≪妊活カテゴリー一覧≫

⚪︎ AMH値について
⚪︎ 不育症・着床障害について
⚪︎ 遺残卵胞について
⚪︎ 卵子の老化を防ぐ方法
⚪︎ 排卵出血と着床出血
⚪︎ 無排卵月経
⚪︎ 多嚢胞性卵巣症候群(pco)
⚪︎ 排卵コントロール法
⚪︎ 高プロラクチン血症
⚪︎ 黄体機能不全
⚪︎ 子宮内膜症
⚪︎ 甲状腺機能低下症
 

卵子の老化を防ぐために今すぐできること!

2017年12月14日

卵子の老化を防ぐために今すぐできること

妊娠を望むなら、今から始めましょう!

意識を変えれば結果も出ます!

こんにちは。

ファンクショナルマッサージ治療室の大津です。

妊活中に嫌でも耳にする「卵子の老化」という言葉…。

当院では、さまざまな治療法やアドバイスにより

卵子の老化を防ぐことで

多くの患者さんが妊娠なさっています。

今日は、ご自宅でもできる方法をお伝えします。

 

卵子の老化とは?

女性の体内では、卵子が育まれています。

胎児の時期に一生分の卵子(約700万個)が作られ、

卵巣に貯蔵されます。

その後、毎回の排卵や細胞死によって

卵子の数は減少していきます。

 胎児期:約700万個 

 出生時期:約100万個 

 初潮の時期:約40万個 

母体が年を重ねるのと同様

生まれる前からストックされていた卵子の老化は

避けられない現象です。

また、卵子を育む卵巣の機能は

加齢とともに衰えます。

 

また、染色体の異常も増えます。

それによって流産や着床障害

そして受精の障害の原因となります。

妊活している方にとってはつらい現実ですよね。

でも、少しでも老化を遅らせるために

できることはたくさんあります!

【まずはこちらから▼】

卵子の老化を防ぐことって本当にできるのか

不安に思われるかもしれませんが

実はちょっとした日常生活に気をつけることで

老化を遅らせることができますよ!

1つからでも実行して

質の良い卵子を目指しましょう!

 

老化とは『細胞が酸化(=サビる)』すること

細胞は、呼吸により取り込まれた酸素からエネルギーを作り出しています。

しかし、エネルギーをつくるとき

同時に活性酸素を作ってしまうのです。

活性酸素が細胞を酸化させることで細胞に傷がつくと

動脈硬化や脳梗塞、癌などの病気や

しみ・しわ・くすみといった老化の原因となります。

 

それを防ぐために、体内では

活性酸素を分解する酵素

を作っているのですが、

この酵素をつくる能力は

年齢とともに低下します。

そして、卵巣の中でできた過剰な活性酸素の影響で

卵子に染色体の異常が起きてしまうことにより

妊娠率が下がってしまいます。

つまり、卵巣と卵子の機能を保つためには

『抗酸化力』を高めることが重要です。

 

抗酸化力を高めるために

1.禁煙する。

喫煙により、活性酸素を発生させ

抗酸化力の強い栄養素の1つである

ビタミンC大量に消費してしまうためです。

 

2.運動をする。

週2~3日散歩やスクワット^_^などの

軽い運動で抗酸化力が高まります。

激しい運動は逆効果です!

 

3.食べ過ぎない。

特に脂質糖質のとり過ぎないように心掛けましょう。

 

4.抗酸化力の高い食品を摂る。

アルギニンを含む緑黄色野菜

オメガ-3脂肪酸を多く含む魚を摂りましょう。

 

5.ストレスを溜めない。

当院では、妊活中のストレスから解放されるための治療や

呼吸法をお伝えしています。

 

**当院で行う鍼灸治療とは

 

 

ご自宅では腹式呼吸お灸をすることで

ストレスを軽減できますよ。

 

 

6.紫外線対策をする。

夏だけでなく、一年中、紫外線は降り注いでいます。

紫外線対策はお部屋の中でも大切です。

 

7.アルコールを摂り過ぎない。

アルコールを代謝するときに

ビタミンB群が多く使われてしまいます。

中でも神経伝達物質を作る

ナイアシン(ビタミンB3)

葉酸(ビタミンB9)の消耗が激しいため

アルコールを摂り過ぎると

精神的にも不安定になったり

睡眠障害を引き起こすこともあります。

 

※ビタミンCなどの抗酸化力の強い栄養素をたくさん補給し、卵子の老化を遅らせましょう。
ビタミンCは抗酸化力を発揮した後は、尿で排泄されます。
できるだけ回数を分けてとった方が、血中濃度を保つことができます。

 

卵子の老化対策に特に必要な栄養素

ビタミンC(サビ取り・ストレス対策)

【ビタミンCを多く含む食材】

パプリカ(赤・黄)・カリフラワー・モロヘイヤ・にがうり・カブの葉
キウイフルーツ・グレープフルーツ・いちご・バナナ・甘柿

ビタミンE(排卵の促進・血行促進・ホルモン調節・抗酸化作用)

【ビタミンEを多く含む食材】

アーモンド・落花生・ヘーゼルナッツ
サバ・うなぎ・アユ・ハマチ・銀ダラ・ツナ缶
アボカド・かぼちゃ・さつまいも・モロヘイヤ・赤ピーマン・ほうれん草
キウイフルーツ・豆乳

コエンザイムQ10(卵子の中のミトコンドリアのエネルギー産生時の抗酸化作用)

【コエンザイムQ10を多く含む食材】

食材には含有量が少ないため

サプリメントでの効率的な摂取をお勧めします。

 

当院では、栄養療法を取り入れており

医師が処方するものと同じサプリメントをご用意しております。

市販品より効果や安全性が高いサプリメントです。

その時期に必要なサプリメントをご提案いたしますので

ご希望の方は担当スタッフにご相談ください。

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院

〒253-0045

神奈川県茅ヶ崎市十間坂1-1-30

グランテリア湘南1階

 

大好評!12月まで延長!

2017年12月4日

バザルトストーンマッサージ

大好評につき延長のお知らせ!

こんにちは。

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院の森上です。

 

 

今年も残すところあと1ヶ月。
寒い時期になってきましたね。

 

 

当院では、以前ブログでも紹介させてもらった。ホットストーンの進化系。

バザルトストーンマッサージ

を行なっています。

【▼動画はこちら】

 

様々な形の温かい石を使って、全身をマッサージすることで

肩こり、浮腫み、冷えなどに抜群の効果が期待できるバザルトストーン!

 

 

だんだん冷え込む季節となり、
バザルトストーンをうけに当院まで
足を運んでくれる方が多くいらっしゃっています!

 

そこで!

10月、11月は初回トライアル価格 4000円

とさせていただきましたが

大好評につき、感謝の意味を込めて

12月まで延長させていただきます!!

 

寒さが厳しくなるこの時期に、
ぜひバザルトストーンマッサージをお試しください♪

 

身体の芯から温まりましょう♪

 

 

【▼動画はこちら】

 

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院

〒253-0045

神奈川県茅ヶ崎市十間坂1-1-30

グランテリア湘南1階

 

 

 

妊娠しやすい生理周期、自分でできる排卵コントロール法

2017年11月25日

茅ヶ崎市で不妊治療専門の鍼灸院、ファンクショナルマッサージ治療室です!

皆さん、自分の生理周期はご存知でしょうか?

生理周期とは、月経(出血)が始まった日を1日目とカウントし
次の月経が始まるまでの日数をいいます。
通常は25日〜38日の周期です。
それよりも短いと頻発月経長いと稀発月経
ということになります。

 

では、妊娠しやすい生理周期はどのくらいだと思われますか?

 

当院では、排卵は14日目を目指しましょう!
とお伝えしています。
(つまり、28日周期ですね。)

その理由をお話しさせていただきます!

【▼先ずはクリック】

**頻発月経とは
生理周期が24日前後。月に2回ほど生理が来てしまいます。
月に2回も出血してますので、貧血傾向の方が多いです。

**稀発月経とは
生理周期が38日よりも長い周期のことをいいます。
なかには無排卵月経で、排卵しないまま次の生理が来てしまうことも。
その場合、出血量が少なくなります。

**排卵出血や着床出血とは

 

【正常周期で妊娠できないのはなぜ?】

生理周期が25日で妊娠する人もいれば、38日周期で妊娠する人もいます。
しかし、なかなか妊娠しづらい人もなかにはいます。
私たちはそこに注目して、なぜ妊娠できないのかを調べてみました。

**2人目、3人目で悩まれている方はこちら

生理周期がバラバラ

「先月は30日周期だったけど、その前の月は35日周期だった。」
周期がバラバラだと、夫婦生活のタイミングが合っているか微妙なところです。

また、卵の質はどうでしょうか?
詳しくみていきましょう!

30日周期では、高温期は14日間ですので(黄体機能不全でない場合)
排卵は16日目になります。

35日周期では21日目の排卵となります。

16日目の卵と21日目の卵
果たしてどちらが質の良い卵と言われるでしょうか??

 

・・・実は、どちらも質が良いとは言えません。
なぜかというと、

いつ排卵するか分からない卵巣状態で
卵は酸素や栄養やホルモンを十分に与えられているのか・・・?
というところです

 

【▼こちらもクリック】

つまり、いくら14日目前後で排卵していても
卵に酸素・栄養・ホルモンが与えられなければ
質の良い卵が排卵されたとは言えない!
・・・という考え方です。

 

生理周期が28日よりも短い

「毎月生理周期が25日で安定しています」
この場合、かなり重要となってくるのが

”排卵日はいつなのか?”です。

これによって妊娠しにくいと考えられるケースが3つありますので、
こちらも詳しくみていきましょう!

 

 ▶︎排卵日が11日目、高温期14日間

正常周期だから問題ない!・・・と思いがちですが、
果たして11日目の排卵で、卵胞内にある卵子は成熟しているのでしょうか?

「排卵していれば、妊娠できる。」
「中の卵子も成熟しているだろう。」
と思われがちですが、未成熟の卵子は精子と受精することができません。

体外受精で未成熟の卵子を外で培養する方法(IVM:体外成熟培養)もありますが
自然妊娠(タイミング法)や人工授精(AIH)では難しいと考えられます。

【▼詳しくはこちら】

また、排卵が早いのは遺残卵胞の可能性もあります。

遺残卵胞についてはこちらからご説明します!

 

 ▶︎排卵日が14日目前後、高温期が11日間

排卵が14日目前後だから、成熟した卵子が排卵されているから大丈夫!
・・・というわけではありません。
今度は高温期が短い黄体機能不全の疑いがあります。
厳密には黄体機能不全は高温期が10日未満の場合をいいますが
妊娠維持期間が短く、正常よりもホルモン分泌が少ないことが

受精卵が着床しづらかったり、流産の原因になります。

 

 ▶︎排卵日が12日目、高温期13日間 

こちらは一見正常に見えますが
卵子の成熟度合いや黄体ホルモンの分泌量に関しては、厳密には分かりません。
成熟度合いは体外受精で採卵しなければ分からないことも事実です。
もちろん、このパターンで妊娠するケースもありますので、
生理が始まってから排卵までの12日間
栄養やホルモンを十分に与えてあげるサポートが非常に重要になってきます。

 

生理周期が28日よりも長い

生理周期が長ければ長いほど、排卵が遅れていることになります。
30日周期なら16日目、38日周期なら24日目の排卵です。

頻発月経の方であれば、もうすぐ生理が来ちゃう!
そんな時に稀発月経の方は排卵を迎えるんですね。

14日目の排卵が基準なので、30日周期だと約2日
38日周期だと約10日も排卵が遅れていることになります。

この場合、単純に卵胞の成長が遅いだけのパターンと

1周期に卵胞が何個もあがってきてしまう

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の可能性も考えられます。

【排卵が遅いから妊娠できない?】

卵胞の成長スピードによって排卵日が変わってきます。
卵胞が20mmをこえ、エストロゲン(E2)が上昇してくると、LHサージが起こり排卵します。
卵胞を成長させるのはFSH(卵胞刺激ホルモン)です。
そのFSHを卵胞へ届けてあげるのが血液です!

卵巣の血流状態が悪いと、酸素も栄養もホルモンも届いていかないことになります。
そのせいで、排卵が遅れます。

つまり
排卵が遅れていることは

期間内(14日間)に必要量の栄養やFSHが届いていないことになります!
栄養不足の環境で育った卵は、質が良いと言えるのでしょうか・・・?

 

 

【卵巣の血液循環の改善で排卵日が変わる!】

このように、排卵までに時間のかかる方の
卵巣の血液循環はあまりよくありません。

ですので、卵巣の血液循環を良くすると
卵胞が順調に成長し、いずれは14日目前後の排卵を目指すことができます。

そのサポートをしているのが、当院で行っている鍼灸治療です。

鍼灸治療は血流を良くするだけでなく、
子宮や卵巣に繋がる神経に「血流をよくしろ!」と

命令をさせるように促す働きがあります。

 

その他に、高周波温熱機器である”ラジオ波”を使用した骨盤内の循環改善や
当院オリジナルの”温熱器”を用いて
子宮や卵巣の血液循環を改善していきます。

 

【▼高周波施術の様子】

 

下半身やお腹の冷え、足のむくみ、便秘、下痢、がある方は
骨盤内の血液循環が悪いと言えます。

妊娠に近づくにはあと一歩の努力が必要です。

ファンクショナルマッサージ治療室のスタッフと一緒に頑張ってみませんか?

 

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院

〒253-0045

神奈川県茅ヶ崎市十間坂1-1-30

グランテリア湘南1階

 

 

 

1ヶ月で体温が1℃上昇!バザルトストーンマッサージについて!

2017年11月7日

ホットストーンは聞いたことがあるけど、バザルトストーンって何?

何が違うの?

今回はバザルトストーンマッサージについてお話しします。

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院の森上です。

ホットストーンとバザルトストーン

この2つの違いは?

 

結論からいうと、
ホットストーンとバザルトストーンの違いは、

『形状の違い』になります。

 

 

形状の違いだけ?
と思うかもしれませんが、
形が違うだけで、身体にもたらす効果が変わってくるのです。

 

 

ホットストーンも、バザルトストーンも、
もっとも熱を保ちやすい火山岩の一種。

『玄武岩』

という石を使用します。

 

玄武岩を温めてマッサージを行うことで、

遠赤外線の効果によって、身体の深部から温めることができ

身体の中に溜まった毒素や老廃物を

身体の外に出してくれる効果があります。

 

丸い形をしているホットストーンは

ストーンでマッサージをする というよりも

身体に数分間石を置いて温める

いわゆる「置き石」として使用されることが多く

当院でも置き石をしてから

バザルトストーンの施術に入ります。

 

 

先に血液循環の良い状況をつくってから

マッサージを行うことで

より一層、ストーンの効果が発揮されます。

 

バザルトストーンは種類が豊富で、

様々な形状をしているので

脚や背中などの各部位にも

温かいバザルトストーンをしっかりと密着させて
マッサージすることができます

 

バザルトストーンマッサージの施術動画はこちら

 

ストーンを肌にしっかりと密着させることで

流せる老廃物の量も多くなるため、

数分で効果が期待できます。

 

 

心地よいマッサージをうけながら

身体はポカポカと温まるので、

リラックス効果も抜群!

 

冷え症やむくみだけではなく、

肩こりや疲労回復にもオススメです。

 

 

特に妊活を頑張っている方で冷えでお悩みの方

冷えが妊娠しやすい身体づくりの邪魔をしています。

 

今すぐに妊娠をお考えでない方も

ご自身のケアの1つに、まずはバザルトストーンマッサージから

はじめてみるのもオススメです♪

 

詳しくはこちらの記事をお読みください!

妊活・温活をホットストーンで乗り切ろう! 低体温の人が一カ月で体温1℃上昇したことも! 妊活中に冷えは大敵です。 ホットストーンで芯から温まりましょう!

 

バザルトストーンマッサージは
茅ヶ崎院の限定メニューとなっていますので

ご希望の方は茅ヶ崎院にお問い合わせください!

 

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院

〒253-0045

神奈川県茅ヶ崎市十間坂1-1-30

グランテリア湘南1階

 


1 2 3