茅ヶ崎市で痛み・しびれでお悩みなら、女性のための鍼灸マッサージ院

茅ヶ崎市ファンクショナルマッサージ治療室ロゴ

電話番号:0467-85-5528ネット予約はこちら

茅ヶ崎市ファンクショナルマッサージ治療室のマップ
〒253-0045 神奈川県茅ケ崎市十間坂1-1-30 グランテリア湘南1F

黄体機能不全がもたらす不妊の原因

2018年08月2日

こんにちは!

ファンクショナルマッサージ治療室茅ヶ崎院です。

 

 

皆さんは基礎体温を測っていますか?

 

特に現在タイミング法での妊活さんは

基礎体温を頼りに排卵を予測しているかと思います。

 

 

通常基礎体温は2層にわかれ

低温期は排卵に向けて卵胞が育ち

排卵後は体温が上がり高温期となると、

 

黄体ホルモンの働きによって

着床時期、妊娠継続しやすい環境になっていきます。

 

しかし黄体ホルモンがしっかりと出ていないと、

黄体機能不全と言われ

なかなか妊娠できない状態になっている可能性があります。

 

 

今回は不妊の原因にもなりうる

黄体機能不全についてお話していきます!

 

 

黄体とは?

 

 

月経が始まると

基礎体温は下がり低温期となります。

 

低温期は主に卵が育つ期間となるので

卵巣のなかでは排卵に向けて

卵胞がどんどんと成長していきます。

 

卵胞のなかの卵子が、

飛び出し排卵すると

体温は低温から高温に移行し、

排卵した卵胞の殻は黄色く退縮していきます。

 

この殻のことを黄体といい

ここから黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌します。

 

個人差はありますが

だいたいプロゲステロンの作用は

14日±2日とされています。

 


 

 

黄体ホルモンの働き

 

卵胞が黄体化すると

そこから黄体ホルモンであるプロゲステロンが分泌されます。

 

プロゲステロンの作用として

 

▼体温を上げてくれる。高温を維持してくれる

▼子宮内膜を維持してくれる

▼排卵しなかった古い卵を消してくれる

▼プロスタグランジンをおさえてくれる

 

などがあげられ、

基礎体温を高温で維持したり

子宮内膜を厚くして、

卵が着床しやすい状態にしてくれるなど

妊娠維持には欠かせないホルモンと言えます。

 

 

 

▼生理周期とホルモンの働きについて▼

 

 

 

さらに、プロゲステロンが

しっかり分泌されると

排卵に向けて育った主席卵胞以外の卵を

消してくれる働きもあります。

 

 

前周期の古い卵を消してくれることで、

次の周期に排卵する卵が育ちやすい状態にしてくれます。

 

*古い卵は質が悪い?遺残卵胞とは?

 

黄体機能不全とは?

 

黄体機能不全では黄体が上手く働かず、

プロゲステロンの分泌が

十分にされていない状態をを指します。

 

プロゲステロンの分泌が少ないと

子宮内膜の異常発達が起こるほか

黄体期が短くなることで起こる月経周期の乱れ

着床障害や妊娠維持の障害をきたすため

不妊や不育の原因になります。

 

 

 

黄体機能不全の特徴として

 

・高温期が10日以内

・低温期から高温期への移行に3日以上かかる

・低温期と高温期の差が0.3℃以内

・高温期体温が下がる

・子宮内膜が厚くならない

・血中プロゲステロン値が10ng/ml未満

 

などがあげられ

 

内膜の厚さやプロゲステロン値は

クリニックなどで診てもらわないと

判断ができないところではありますが、

 

基礎体温をつけていることで

黄体機能が働いていない可能性に

気づけるかもしれません。

 

 

もし黄体機能不全なのであれば

妊娠しづらい状態であると考えられるので

一度婦人科を受診して

排卵誘発剤や黄体補充などの治療をしていきます。

 

 *子宮内膜症は不妊の原因になる?

 

 

 

 

プロゲステロンをしっかり分泌させるには?

 

プロゲステロンを

しっかり分泌させるために大切なことは

 

 

良い卵胞を育てることです!!

 

 

プロゲステロンが分泌される黃体は、

排卵後の卵胞の殻からできています。

 

卵巣の中で排卵に向けて成長する卵が、

十分な栄養やホルモンをもらっていないと

卵胞の質は落ち排卵後

その卵胞はそのまま黄体となります。

 

つまり

卵胞の質がよくない

黄体の質も落ちてしまい

プロゲステロンの分泌が悪くなってしまうのです!

 

 

卵胞が育つ段階で

たっぷりと栄養を届け、

質の良い卵を育てることが

プロゲステロンの分泌をよくすることにつながります!

 

 

 

質の良い卵をそだてるには?

 

質の良い卵を育てるのに必要な

ホルモン、酸素、栄養素

血流によって卵まで運ばれる為、

 

卵まで栄養を届けるためには

卵巣の血流をよくすること

が重要になります!

 

 

▼卵の質を高めるには?▼

 

例えば

 

足や手、身体に冷えがあったり

肩こり、腰痛などはありませんか?

 

もし冷えや肩こりなどがある場合、

身体の血流が良い状態とは言えません。

 

卵巣が冷えている場合、

卵は育ちにくい環境と言えるので

これらの状態では改善していく必要があります。

 

また、卵巣の冷えがあるということは

子宮にも冷えがあると考えられられます。

 

子宮内膜は温かい状態のほうが

卵は着床しやすいので

 

子宮卵巣の含めて骨盤内の循環を良くして

行くことが重要です。

 

▼着床しやすい子宮内膜とは▼

 

 

 

仮に冷えがなかったとして

体内の血液循環がよかったとしても

食生活が乱れていたり、

十分な栄養が摂取できていない場合は、

卵の材料不足となるので

食事の見直しも必要になっていきます。

 

 

質が良い卵をそだてるためには

卵の材料である十分な栄養

栄養を運ぶための血流が必須となるのです!

 

良い卵を育てることで妊娠しやすい身体に!

 

たっぷりと栄養が届いた卵は

いい黄体となり、

しっかりと黄体ホルモンを

分泌してくれることはもちろん、

 

質の良い卵は

受精もしやすく着床もしやすいので、

妊娠の可能性もグッとあがります。

 

 

さらに、栄養を十分に含んだ卵子は、

エストロゲン(卵胞ホルモン)を分泌し

 

エストロゲンはさらに卵子を成熟させ、

子宮内膜を厚くしてくれる働きがあります。

 

 

卵の質がよくしていくことが

ホルモンの分泌も良くすることに繋がり、

どんどん妊娠しやすい身体になっていくのです。

 

 

 

 

ファンクショナルマッサージでは、

鍼灸治療を用いて

子宮や卵巣の循環を良くしていくことで

 

妊娠しやすい身体つくりの

お手伝いをさせていただいております!

 

鍼やお灸は一見怖いイメージが

あるかもしれませんが、

当院で使用する鍼は

髪の毛くらいの細さの鍼のため

痛みはほとんど感じません。

 

 

当院では黄体機能不全をはじめ、

なかなか卵が育たない方、

子宮内膜が厚くならない方、

着床障害の方、

など様々な方が来院されて卒業して行きました。

 

 

 

鍼灸治療だけではなく

分子栄養学の知識に基づいた

食事面でのアドバイスや

ご自宅でもできる努力の方法もお伝えしていきます。

 

私たちと一緒に

妊娠できる体質にしていきませんか?

 

 

まずはお気軽に

無料体験からご相談ください!

 

 

ファンクショナルマッサージ治療室 茅ヶ崎院

〒253-0045

神奈川県茅ヶ崎市十間坂1-1-30

グランテリア湘南1階